日本語한국어

Mountaineering equipment.

登山を安全に行うには、まず装備が重要です。道具のしっかりした良いものを選ばないと、遭難といった緊急時の対応が全く違ってきます。 登山装備を揃えるには山用品店に出かけ、登る山や行程などスタッフのアドバイスを聞きながら、しっかりした物を購入しましょう。
下記は、2泊3日・夏から秋にかけての槍ヶ岳を想定した登山装備です。

ザック
ザック

30リットル~40リットルくらいのもの。
これに雨対策としてザックカバーがあると良い。

雨具
雨具

GORE-TEXゴアテックス素材を推奨。防寒着としても利用できる。

登山靴
登山靴

足首を覆えるようなハイカットのものが良い。また厚底であるほうが足が疲れにくい。

ヘッドライト
ヘッドライト

最近LEDのものが主流である。電池は昔の豆球に比べて長持ちはするのが、見えずらいといった 欠点がある。写真のタイプはLEDと豆球が両方使えるものである。
予備電池は必ず1セット持参。

ガスヘッドとカートリッジ
ガスヘッドとカートリッジ

途中で食事やお茶といった時に使用。非常事態には必ず役に立つので持参したほうがよい。

食器
食器・箸

途中で食事を取ったりお茶にしたりするときに便利。

水筒
水筒

左記写真は1リットル用の水筒。水筒はいろいろ大きさがありますが、持てるのであれば量の多く入るものがよい。 水がないと脱水症状を引き起こし歩けなくなる。水筒の量はより多いほうがよい。

ファーストエイドキット
ファーストエイドキット

緊急時に使用。普段は使用することは無いが、無いと後で大変なことになります。この他に頭痛薬・風邪薬・胃腸薬・三角巾 などを持つと良いでしょう。この中身については自分で工夫していく必要があります。

ツエルト
ツエルト

緊急時に使用。最近登山中に道に迷ったりする方が多くなっています。これで自分の身を包み寒さ等をしのぐことができます。

無線機・携帯電話
無線機もしくは携帯電話

緊急時に使用。非常時の連絡手段として使えます。携帯電話の場合、最近では北アルプスでも使えるようになってきましたが、 それでも谷間(横尾等)では使えない場所もあるので無線機は持っていくと良い。

その他

  • 帽子
  • 上着(カッターシャツ)—発刊性対策されているもの。
  • 下着 — 乾きやすい素材のもの。綿は乾きにくいので避けること。
  • 薄いフリース または セーター
  • 靴下 — 予備に一枚はザックにいれておくとよい。
  • サングラス
  • ナイフ
  • ホイッスル
  • 地図・ルート図
  • 方位磁石
  • ロールペーバー
  • ビニール袋 — 防水対策に良い。ただし音の出そうなものは避けること。

CATEGORY

Latest information on lodges' site


Copyright © North Alps Broad Band Network. All rights reserved.